コスプリ 二重整形
二重整形 埋没法 オススメ クリニック
二重整形 切開法 オススメ クリニック ランキング
二重整形,失敗,選び方,費用,安い コスプリ 二重整形

整形依存 整形したい心理

  • 整形依存症について
  • 整形した人の特徴10選
  • 整形したい心理
  • 繰り返す理由

美容整形術が発展してきた現代、1度ならず2度も3度も整形を繰り返す女性が多数います。

なぜ整形を繰り返すのか。なぜそんなにも整形したいのだろうと、整形に関心のない人にとっては未知の世界ですよね。

今回は整形した人の心理に迫り、世間に確実に増えている整形依存症の謎を解きたいと思います。

整形依存症について

キャラ

整形依存症という言葉の裏には、「美しくありたい」という女性ならではの思いが込められています。

 

整形依存症とは、美容整形を定期的に繰り返す行為の事を指します。

繰り返し行う必要のあるケースは除く

しかし美容整形術には、1年も経たないうちに効果が切れるものもたくさんあるため、繰り返し行うことを推奨されるという不可避な一面も。

 

「整形依存症」と病的な表現は、この場合不適切ですよね。

 

そうした効果に応じての整形術を繰り返す行為とは別に、外科的処置によって顔を変える行為を繰り返し行う場合を「整形依存症」と言います。

ヴァニラさんのように

キャラ

わかりやすく言えば、整形を繰り返しているタレントとしておなじみのヴァニラさん。

 

ヴァニラさんの、整形前の10代の頃の写真を見て、驚いた方も多いのではないでしょうか。

 

外科的な整形手術を繰り返した結果、生まれ持った顔とは別人のような顔に大変身してしまいました。

 

整形行為は本人に一任されるものです。ヴァニラさん自身がよしとするのであれば、整形を何度繰り返しても本人の自由です。

 

整形行為は避難対象になることが多いため、ひた隠しにする人が多い中、ヴァニラさんのように公表して堂々と生きる行為は賞賛に値しますよね。

整形した人の特徴10選

整形依存 心理 特徴

人はなぜ整形を繰り返すのか。その理由について考えてみましょう。

整形した人が、なぜ整形に踏み切ったのかを、口コミを元に以下にまとめてみました。

  • モテてこなかった
  • 顔のことでいじめられたことがある
  • 自分の顔にコンプレックスを持っている
  • 劣等感を抱いている
  • 美しい友人がいる
  • 美しい姉妹がいる
  • 人は見た目だと思っている
  • 鏡を見るのが嫌いだった
  • 自分の性格に自信がない
  • 整形をすることで、自信をもって行動できると希望を抱いている

いかがでしょうか。整形をする前の人生で、顔の美醜によって嫌な思いをしてきたという人も多数います。

顔の美醜で生き方が大きく変わる現状

キャラ

現実に生きていると、醜いからという理由でさげすまれ、なめられ見下されるのは事実

 

醜いと恋愛がスムーズに行かない。これは大きな損点です。更に醜いと、就職も仕事もスムーズに行かない。

 

これはなかなか認められないものの、誰もが感じている現代の事実です。

 

子どもの頃は「ブス!」「ブサイク!」と遠慮なくからかいの対象になります。それも顔の1パーツだけを強調して、「あご!」だの「えら!」だのデリカシーのない言われをすることもありますよね。

 

残念ながら今の世の中では、外見が人生を大きく左右する傾向にあることが否めません。つまり、美しい人ほど生きやすく、醜い人ほど生きにくい世の中なのです。

 

女性は特に、美しくないと罪を犯しているかのように責められることもあるのです。

 

そのような現状がある以上、「美しくありたい」と女性が望むのは、当然のことではないでしょうか。

整形したい心理

整形依存 心理 特徴

キャラ

美容整形をする理由。理解できない方のためにいくつかの原因をお伝えいたします。

世の中には、進んで美容整形をする人よりもむしろ、美容整形をせざるを得ない現状があるという事をお分かりいただければと思います。

生まれ持った顔を愛する気持ちは当然ある

まずは生まれてきた子どもがいきなり「整形したい」と思うはずがないことを知ってください。

 

どんなに醜く生まれようとも、自分自身が親からもらった顔をわざわざ「整形で変えたい!」と天然で思う人はいません。「美しくあれ!」という親や家族をはじめとする、世間のプレッシャーが、醜く生まれた人の生きづらい世の中を作り上げているのです。

 

誰しも、生まれ持った顔が好きです。そのまま幸せに生きていけるのならば、それに越したことはありません。

 

世間が、醜く生まれた人を整形へと追い込んでいるのだということを忘れてはいけません。

 

キャラ

生まれ持った顔のまま、心だけを見て、恋人や友人や仕事人を選ぶ公平な世の中であれば、

 

美容整形して美しくなろうとする人など、いるわけがないのです。

今の「地獄」から抜け出したい

しかし現実はそうもいきません。

 

生まれ持った顔が美しくなければないほどに、痛めつけられさげすまれます。

 

同等の頭脳や能力があれば、人は顔の美醜で優っている方を選ぶものです。

 

美しい人ほど得をする世の中なのは、現実なのです。

 

生まれ持った顔でいじめられ、さげすまれる。どんなに勉強を頑張っても、評価されずに「がり勉」「きもい」と更に貶める対象に。

 

キャラ

顔が美しければさげすまされることもないと考えたら、整形をこころみても不思議ではないでしょう。

人並みの恋がしたい

恋をしても相手の眼中にすらなく、好きでいることすら許されないかのような風潮。

 

醜いのに恋をしているというと、笑われ軽蔑され、さらしものにされることすらあるのです。

 

そして恋をした相手は、他の美しい女性に奪われます。

 

顔さえ美しければ、相手の眼中にくらいは入れたかもしれない。モテモテなどにならなくてもいい。せめて、人並みの恋がしたい。生きている間に一度くらい…。

 

キャラ

そう考えて、美容整形をする人もいるのです。

何をしてもうまくいかない

世の中には、生まれ持って「醜い」とまでいかない女性もたくさんいますよね。

 

そして、そんな女性もたくさん整形をしています。彼女たちがなぜ整形をするのか、わかるでしょうか。

 

顔の美醜だけでなく、タイミングや運・性格や能力など、複合的な理由で世の中をうまく渡れない人もいます。

 

驚くほど醜く生まれるよりも、醜くも美しくもなく生まれてくる女性の方が圧倒的に多数です。

 

キャラ

そんな中間の存在である彼女たちもまた、整形の魅力に取りつかれることがあります。

 

恋も学業も就職も仕事も、うまくいくことばかりではありません。タイミングや能力が原因で失敗が続くときもあります。

 

失敗続きで心がへこんだ時に、「美しければ上手くいったかもしれないのに」と思い込む人が多くいます。

 

実際に、美しく生まれたがゆえに数々の成功を手にしている女性はたくさんいますからね。美しい成功者が近くにいるほどに「整形して美しくなればうまくいくかもしれない」と考えるようになるのです。

整形手術を1回きりで終わる人

整形依存 心理 特徴

キャラ

整形手術をして、一回きりで終わる人の特徴を見ていきましょう。

効果が出なかった人

整形手術をしても、思うような効果が出ないという人もたくさんいます。

 

外科的な処置をした場合は、安くても数万円。高いと数十万円かかることになります。

 

それだけの大金を払ってなお、効果が見えない。わからない。

 

そんな人は整形手術を繰り返しません。

 

キャラ

再手術をするために更なるお金を積むよりも、

 

「やはりそんな簡単に物事は進まないな」と諦める人が多いです。

失敗した人

整形手術をして、運悪く失敗してしまった人は、繰り返しません。整形手術は医師の腕やクリニックの実績に大きく左右されます。

 

失敗とまでいかなくても、顔に傷跡が残るなどの取り返しのつかない事態になってしまうことも。

 

そんな経験をした人は、整形など二度とやるものか!と固く心に誓います。

 

キャラ

整形をするのであれば、事前にしっかりと医師の腕を調べてからにしましょうね。

周囲にばれた人

勇気を振り絞って整形手術をしたのに、残念ながら思った以上の赤みや炎症で職場や周囲の人間に、整形したことがバレバレになってしまったという人もいます。

 

整形に対する世間の目は依然きびしく、ほとぼりが冷めるまでは下を向いて歩くことにもなりかねません。

 

キャラ

施術の痛みから整形などしなければよかったと後悔し、2度と整形をしないかもしれませんね。

もともと美人の人

もともと美しく生まれた人が、ちょっとした顔の一部のコンプレックスを解消するために、整形手術を受けるケースも多くあります。

 

小鼻縮小や、えら削り。鼻筋を通すためのプロテーゼ挿入など、韓国や日本の芸能界でも多くの女性がしていますよね。

 

キャラ

美人の整形は、少しの矯正で満足いく結果が出やすいため、一度の手術で終わるケースが多いです。

 

醜く生まれてやむにやまれず整形を選んだ人にとっては「けしからん!」と思うかもしれませんが、見た目が商売の人には、一般人の想像も及ばない苦労も伴うものなのだと理解しましょう。

繰り返す理由

整形依存 心理 特徴

美容整形をする人の多くは、整形手術を繰り返し行います。一回きりで終わってしまう人と、繰り返す人の違いは何なのでしょうか。

 

キャラ

また、なぜ美容整形を繰り返すのか、その謎に迫ってみました。

思った以上に美しくなった

人生で初めての整形手術で、思った以上に美しさを手に入れた人は、その後も整形手術を繰り返す傾向にあります。

 

外科的な整形に関しては、傷の治りや肌の再生などは個人差によって左右されます。肌質が整形手術に耐えられ、顔の変形が顕著に現れる人ほど、整形手術に向いていると言えますね。

 

「自分の鼻がもっと小さければ」

「二重まぶたならば」

「目がもっと大きくなれば」

「唇がふっくらしていたら」

 

キャラ

整形手術前に抱えているコンプレックスが解消されるほど、その後も整形手術を繰り返すようになっていくのです。

整形の持つ魔力に魅せられた

整形は医学という分野が可能にした現代の魔法の一つです。

 

持って生まれ過多尾ではお世辞にも「美人」などと言われなかったのに、整形したとたんに男性が群がって自分の機嫌を取ってくる

 

整形の魔法で美人になった途端に、これまで見向きもしなかった男性からアプローチされるようになる。

 

職場でのコミュニケーションが、美人になった途端にものすごくスムーズになった。

 

キャラ

世の中の美人に対する敬意とリスペクトは、驚くほど大きいものです

 

整形の持つ魔力の効果は、私たちが考える以上に絶大なのです。

 

そんな整形の魔法に魅せられた人は、その後もうまくいかないことがあると、魔力の力を手に入れようと、ますます整形を重ねることがあります。

「整形すること」に目標をおいた

タレントのヴァニラさんを見ていてわかると思いますが、世の中には「整形」そのものにはまっていく人がいるのです。

 

自分の顔を変化させて、フランス人形のようにするなど、車を改造してスーパーカーを作り上げるかのように、整形手術を繰り返す人がいるのです。

 

彼女たちの目標は、整形手術をすること。

 

キャラ

「美しくなる」「異性の気をひく」「生きやすくする」などという目標とは

 

かけ離れていくほど、整形手術そのものにのめり込んでいくのです。

 

およそ一般人には理解しがたい心理ですが、整形の魔力に魅せられて、整形を繰り返すうちに自分の顔や体を「自分の操るマシン」のように、精神から独立して考えるようになるのかもしれません。

それでも整形は「恥ずべきこと」と言われる現状

醜く生まれた人をさげすみ、痛めつける世の中。

 

隣の席で醜い女性が「ブース!」とからかわれていても、かばうよりは「醜いのだから言われても仕方がない」という考えが優るのではないでしょうか。

 

顔の美醜について暴言を吐く対象にするなんてとんでもない!とはだれも考えませんよね。

 

それでいてなお、整形をした女性には、更なる蔑みが待っているのです。

 

「親からもらった顔に傷をつけるなんて」

「そこまでして男にモテたいのか」

「大金払って顔を変える理由がわからない」

「整形した顔と思うとぞっとする」

 

などと、様々な暴言で、美しくなることすら軽蔑されるのです。

 

キャラ

生まれ持った顔では痛めつけられ、整形して美しくなっても批難対象。

 

こんな世の中では、整形した事実を隠すしかありませんよね。

 

顔の美醜についてあけすけに議論できる風潮もない中で、「人は見た目じゃない」という空に浮いた美徳観念だけが美容整形を「悪い物」として罪悪感を植え付けています。

 

もしも整形手術を本当に悪いものと思うのであれば、生まれ持った美しさがない女性に対して、美しい女性と同等の経緯をって接するべきです。

 

そうでなければせめて、美容整形をした人に対して、世間はもっと寛大に受け入れるべきではないでしょうか。

 

美容整形を受ける前にコチラのブログ記事もチェック!

>>整形がバレたら離婚になった?美容整形がバレたエピソード10選

>>整形依存&整形したい心理とは?整形した人の特徴10選

コスプリ 二重整形
二重整形 埋没法 オススメ クリニック
二重整形 切開法 オススメ クリニック ランキング
二重整形,失敗,選び方,費用,安い コスプリ 二重整形