マツエク 似合わない 顔 特徴

  • マツエクが似合う人似合わない人がいる
  • マツエクのセルフチェックをしてみよう

マツエクって、つけまつ毛のように毎日付ける手間がなくてとても楽だという意見を良く耳にします。

 

色んなデザインも選ぶことができ、バリエーションが豊富だということから、今、女性の中でもとても人気があります。

キャラ

でも、実際にマツエクをしようと思っても、

 

自分に本当に似合うのかどうか不安に思うこともありますよね?

今回は、マツエクをしてみたいと思う女性に向けて、自分に似合うかどうかのセルフチェックも兼ねて、マツエクが似合わない顔の特徴10選をお届けしたいと思います!

 

音声で聞きたい場合はこちら

 

マツエクが似合わない顔の特徴10選

1選:目が小さい

目が小さい

キャラ

マツエクをしようと思う時、顔のバランスがとても重要です。

特に顔は、目や鼻、口といったそれぞれのパーツに分かれている分、それぞれの良さを生かしながらパーツごとを引き立たせる必要があります。

 

でも、残念ながら、もともと目が小さいという方は、マツエクがどうしても似合わない・・・といった傾向にあるようです。

 

目が小さいとは、一般的な目幅のない目のことを指しますが、あまりに小さい目にマツエクを付けたところで、

 

何か糸でもついているんじゃないか?などと思われたり、マツエクをしたところで、周囲の人に気付かれることがありません。

 

せっかく可愛くなろうとマツエクをして努力したものの、水の泡になってしまうケースが多いです。

 

目が小さい人は、まず、目を大きく、そして二重まぶたにすることを優先しましょう。

 

もしくは、目が小さいことがコンプレックスとなっているのであれば、目頭切開などの方法で目を大きくする二重整形術をオススメします。

 

マツエクはその後に再チャレンジしてみましょう!整形後なら、必ずマツエクが映える顔になっていると思いますよ♪

 

2選:細めの目をしている

眼が細い

キャラ

一重まぶたとも言い切れず・・・でも、完全な二重まぶたとも

 

言えない微妙な細めの目をしている人っていますよね。

一見マツエクをしても似合いそうな目をしているのですが、実際に付けてみるととても重たく見えると言われています。

 

細めの目をしている人は、キレ長の目をしていたり、目尻にかけてだけ少し二重がかっているような目をしていることが多く、

 

マツエクをしても、顔全体のバランスというより、目だけが独り歩きしてしまっているように感じる為、あまりオススメできません。

 

とは言え、今は、それぞれの目に合ったマツエクのデザインやオーダーもできるとされているので、一度トライしてみても良いかもしれません。

 

ただし、マツエクは、本数にもよりますが、1回に5,000円~の費用が必要なので、自分に似合うかどうかを試すという意味ではそこまで安い金額で手軽にできるとも言い難いですね。

 

3選:奥二重

男性 奥二重 芸能人

キャラ

奥二重の人は、マツエクができない訳ではありません。

でも、付けたとしても、そこまで目を際立たせる効果が少ないと言われています。

 

マツエクよりもビューラーでしっかりと上げた後、ボリュームタイプやロングタイプのマスカラを上手に使いこなす方が先決のような気がします。

 

また、奥二重の為、まつ毛が下向きに映えている人もいるので、自まつ毛とマツエクの2方向に毛が向いてしまうと、もう収集がつかなくなってしまいます。

 

奥二重の人でも似合うマツエクもあるため、しっかりと自身の目の形やまぶたの状態をカウンセリングしてくれるサロンを探してマツエクに挑戦するもありですね。

 

4選:一重まぶた

一重まぶた

キャラ

一重まぶたの人は、まずと言って良いほど、

 

残念ながらマツエクは似合いません。

一重まぶたの人がマツエクをすることで、逆に目元が重たく見えると共に、マツエクの重みで目に覆いかぶさってしまうような感覚になります。

 

重みを感じてしまう分、目も疲れやすくなってしまいます。正直あまり可愛いとは言えません。

 

先ほどもお伝えしている通り、一重まぶたの人も、まずは二重まぶたになれる方法から始め、ぱっちり目になってからマツエクにトライすることで、丸い可愛らしい目に見られることが多くなります。順序を決めて進めてみましょう!

 

5選:皮膚が下がっている

皮膚が下がってる

キャラ

マツエクは、若い年齢の人だけがするもの・・・そういった考えはありません。

30代や40代、更には50代の女性でもマツエクを楽しむ人も多いほどです。

 

それほどにマツエクは、幅広い年齢層の女性の「美」を叶えてくれるトテモ良い手法です。

 

でも、マツエクにもある程度の制限があるかな?と感じることがあります。それは年齢です。

 

人は、年齢を重ねると、どうしてもお肌に変化が生じます。これは否めない事実ですよね。

 

加齢とともに、皮膚が下がってくることで、いつまでも若々しい肌でいられなくなってしまいます。

 

そんな中でマツエクをすることで、下がった皮膚に元気いっぱいのマツエクだけが1人歩き状態となると、何だか面白おかしい顔に見られがちです。

 

残念ながら、皮膚が下がってくる年齢に達しているという女性は、マツエクは避けた方が良いかもしれません。

 

どうしてもマツエクを手放せないという方は、少し、気持ち控え目なカールに留める、本数を減らしてみる、などといった形で続けるようにしましょう。イタイ女性だと思われないよう注意です!

 

6選:目元にシワやたるみがある

目元 シワ たるみ

キャラ

どれだけ毎日スキンケアを完璧にこなし、

 

栄養のある食べ物をしっかりと摂取していようと、

 

やっぱり加齢には勝てません。

当然、10代や20代の頃とは訳が違います。マツエクは目元に施す美容術の為、目元にシワやたるみが目立つ人は、マツエクをしても表情筋に勝てない場合があります。

 

目は毎日の中で一番動かす部位だと言われています。その分、シワができやすく、たるみも目立つ部位でもあります。

 

その状態の人がマツエクをしても、顔のバランスがアンバランスに見えてしまう為、できればノーマルにマスカラを使用することをオススメします。

 

7選:他の顔のパーツが目立つ

顔 パーツ 目立つ

キャラ

マツエクはあくまで顔全体のバランスがうまくいくと、

 

見た目にも「可愛い」「似合っている」「美人顔になれる」などと言われます。

でも、顔の中でも他のパーツ、例えば口や耳、鼻などといったパーツが目立つ人は、マツエクが映えない顔だと言われています。

 

パーツが目立つとは、例えば、鼻がだんごっ鼻であったり、唇が分厚め、耳がサル耳であったりを指します。

 

あくまで全体的に見てのバランスを考えてマツエクを付けるという選択肢を取るようにしましょう。

 

単に「マツエクをすると可愛くなる」というのは、一般的な意見であり、自身がそれに合致するかどうかは分からないので、まずはセルフチェックをしてみてください。

 

8選:ハリのない肌質

ハリのない 肌質

キャラ

マツエクは人工の付けまつ毛です。

 

その為、生き生きとしているのは皆さんのご想像通りだと思います。

でも、お肌は人工的に作ることはできません。年齢とともに肌質も変化してくる為、あまりハリのない肌質をされている方がマツエクをしても、その部分にだけ目がいってしまいます。

 

それがたとえ二重まぶたでぱっちり目の方であっても、肌質とのバランスが合っていないことが多く、「マツエクしてます!!」という強調しかないのです。

 

そう思うと、マツエクって、若くてピチピチした肌を持つ若い年齢層の方の楽しみなのかな・・・なんて寂しく思っちゃいますね(汗)

 

9選:顔が大きい

顔が大きい

キャラ

顔が大きい人、少しぽっちゃり目の人は、

 

マツエクをしていることを評価されると言うより、

 

まずはダイエットや小顔効果のあるメイク法を実践する。

又はフェイシャルエステに通う・・・などといった努力からスタートすることをオススメします。

 

そうすることで、後に「マツエクの似合う顔」に変身する確率が高いと思います。

 

「痩せてとても可愛らしい顔立ちになった」などといった話はよく聞きますものね。

 

また、腫れぼったいまぶただったのに、「痩せて二重まぶたになった」という話もあります。

 

この手の方は、痩せることでキレイになれることが多いので、まずは無理のないダイエットから始めてみましょう。

 

10選:黒目が小さい

黒目が小さい

キャラ

「黒目の小さい人=目が小さい」になるケースが多いように思いますが、

 

こちらもマツエクをしても、あまり目立たない傾向にあります。

目は大きいのに黒目が小さいというだけの方であれば、黒目を大きくするためにカラコンを使用すれば、マツエクのに合う顔に変身することができます。

 

でもカラコンを使用せず、ノーマルなままでいくのなら、黒目が小さいことでマツエクはバランスよく映えないことが多いので、あまりオススメできません。

まとめ

「マツエクが似合わない顔の特徴」いかがでしたか?いくつか自分にあてはまるものはありましたか?

 

もし、自分に当てはまる項目があったとしても、事前にやっておくことでマツエクを効果的に感じることができる為、あとは実践あるのみです!

キャラ

自分の身体の細部にまでこだわって、

 

いつまでも「美」を追求する女性でありましょうね!

コスプリ 二重整形
二重整形 埋没法 オススメ クリニック
二重整形 切開法 オススメ クリニック ランキング
二重整形,失敗,選び方,費用,安い コスプリ 二重整形